So-net無料ブログ作成

クルマと私【システム技術担当 KT】 [ご挨拶]

「あー」っと言う間に、今日でまたひとつ歳をとってしまいました。

挨拶が遅くなりました。
はじめまして、システム技術担当のKTです。

最近、ますます時の過ぎるのが早く感じるようになってきています。
皆さんは、どうですか?

今までに、いろいろな人と出会ってきましたが、
いつもいつもお世話になりっぱなしで、その分何を学んで誰かの役に立つことが出来ればと、
思っていますが、残念ながら今だにそこまで出来ていません。
でも、これからも仕事でもプライベートでも出会う一人一人を
大切にしていきたいと思います。

この場をお借りして、
お世話になった人々に感謝しております。
ありがとうございます。

ここで話を換えて、私の趣味の話をします。

私は、好奇心旺盛で何でもやって見たいと思うのでいろいろあるのですが、
一番は、クルマのレースです。
ちなみにこの一番は、一番お金が掛かっていると言う意味もあります。(笑)

レースと言っても、みなさんが思うのものとちょっと違っていて「ダートトライアル」というもので、
舗装されていない道を一台一台走ってそのタイムを競うものです。
実際には、走る時間は長くても1分半もありません。
単純に言えばすごく距離の短いラリーのようなイメージをしていただければ幸いです。
このたった1分ほどの時間なのですが、見ているのと運転するのではまったく時間の
捕らえ方が変わります。

毎回変わる走るコースを描きながら、その日の路面の状態やクルマの調子を考え、
そして舗装されたいないので、クルマがはねたり滑ったりして予想意外の動作をするのを
コントロールして、コースから外れないように、壁にぶち当たったりクルマが引っくり返らないように
などを思いながらも、少しでも早く走ることを考え、「負けるもんか!」と気合を入れてアクセルを
踏み込むので、頭がフル回転になり、とても1分ほどの出来事とは思えない感覚になります。
でも、走る終わると結果がどうであれ、「終わったー。」とほっとする。
多分この感覚が楽しいのでやっているのかなぁと思っています。
ある意味ストレス解消になっています。
ただ、余りに結果が悪いと更にストレスがたまることになることも度々ですがね。(笑)

このレースをはじめたのは、8年ほど前です。
知り合いの人がレースをやっているのを見に行き興味を持ち、
さらにその人がクルマを買い替える時に、すごく安くにクルマを譲ってもらったのが始まりでした。
そのクルマも、今では13年も経ちますので、私と同じでいろいろとおかしくなってきていますが、
まだまだ走る事が出来ます。
毎年修理にかかる費用がどんどんと上がっているので、
手間と費用がかかるクルマですが、今では愛着を感じて手放せなくなっています。
これからも、クルマと私が動く限りレースをしていければと思う次第です。

興味のある方もそうでない方も
最後まで、読んでいただきまして、
ありがとうごさいました。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。