So-net無料ブログ作成
検索選択

私のいたA寮【導入支援担当A】 [休 日]

とうとう梅雨本番!蒸し暑さとはっきりしない嫌~な天気ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日は私の大学時代の話をしたいと思います。
私は大学4年間、学生寮に入っていました。かなり珍しいと思うんですが、男女が同じ建物で生活していました。
玄関が同じでそこから男女で別々の入り口がある、というものです。(分かりにくいですが・・・)
基本的にお互いの寮に異性は出入り禁止です!でも休日に皆で遊びに行ったり送別などでは一緒に飲み会をしたりと交流の多いところでした。年間を通して毎月何かしらの行事があったのですが、入寮したときに“お部屋まわり”というものが行なわれます。
一言で言えば、入寮した一年生が上級生の部屋を回って自己紹介のために自分の話をする、というものなんです。
するにあったっての決まりは・・・
①正座で最低一時間は話す
②一週間で終わらせる(終わらなければ最初からやり直し)
③期間中に寮歌(全8番)を暗記して寮長の前で歌う
話すのは嫌いじゃないし、歌も一週間あればどうにか覚えられるだろうと結構かる~く考えていたんですが・・・
まず、皆バイトや学校でなかなかつかまらない!あんまり寮に帰ってこない先輩もいるので追い掛け回していると好きな人に告白しようしようとつけまわしているみたいで(笑)
かる~く考えていた私が痛い目を見たのが①の決まりです。
畳の上に直に正座なんて毎日やってるよ~という人の方が少ないのでは・・・
終わってから知ったのですが、話が一段落したところ(15分くらい)で他の人は上級生に「足をくずしていいよ」と言われていたそうなんですが、何分、大阪生まれなんでしゃべるのが当たり前!と上級生に喋る隙さえ与えず1時間正座しっぱなしで喋り続けた私。
毎回、部屋を出た後に足がしびれて一歩も動けず。一週間で24人の上級生を回り終えたときには足の形が変形してそうな気がする・・・と思いました。
いい年の大学生が運動会をしたり餅つきを一日中したりと、はたから見ればかなり怪しい集団でしたが、あかの他人が集団生活をするために色々な規則を作り、できるだけ生活しやすいように学校への要望を皆でまとめたりと、部活と社会人の中間のようなことをしていました。
6畳弱の部屋に二人で生活してプライバシーなんてなかったけど、だからこそ何事も分かり合えた親友と呼べる人たちと出会えることができました。
卒業して5年もたっているのにこんな話を持ち出してきたのは部屋の掃除をしたときに“お部屋まわり”で上級生一人ひとりが私にメッセージを書いてくれた色紙を見つけたからなんです。
嫌なこともあったはずなんですが今になってみると全部笑い話にできているのがすごいですね。
あの4年間で培った根性が今になって役に立っていると信じています。
一つだけ後悔しているのは、4年間呑まされ続けたため、普通の人より酒飲みになってしまったことです・・・


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。