So-net無料ブログ作成

2月14日【営業部 導入支援担当 eY】 [日々のこと]

 初めまして、昨年10月に入社しましたeYと申します。
以前は病院の栄養士として、日々、目の回るような忙しさの中で働いていました。
献立&食札も手書きで、月末処理も一つ一つ食品ごと計算して、時間がかかって大変でした。
それを短い時間で、自動計算して仕上げる事ができるソフトにただ感動でした。
そんなソフトに出会っていれば…あの泣くほど忙しい&猫の手でも借りたくなる毎日に少しでも余裕ができて、もっといい仕事ができていたのではないかと悔しく思っております。
私と同じ思いをされてる栄養士さんの少しでも助けになれるよう、日々努力&勉強をして頑張っていきたいと思います。

 さて、話は変わりますが、今日は 2/14 バレンタインです。 この時期、ホワイトデーが終わるまではどこのお店にも嫌ってほどチョコレートが並んでいますね。
私もコンビニでおいしそうなものを見かけると、少々値段が高くても、つい買ってしまいます。
バレンタインといえば、日本では女性から男性にチョコレートを贈るというイメージなんですが、最近は女性も自分のご褒美のためにチョコレート(MYチョコ)を買うとか。
私も毎年誰かにあげるというよりも自分のために手作りして、食べて、残り物(ナイショです)をついでにあげるというパターンになっています。
 今年はエクレア作りに挑戦しました。
お菓子作りは、本などに書いている分量通りに作れば大体が成功するので好きなのですが、
今回そうはいきませんでした。見事失敗。
エクレア というよりも チョコパンケーキ になってしまいました。味はギリギリセーフなのですが…。
そういえば、私がまだ中学生の時、姉がシュークリーム作りに失敗してる(シュー生地が固くてぺちゃんこ)のを見て、あまりにも可哀想な姿で笑い転げていた記憶があります。…人のこと言えません。ゴメンナサイ。
焼き加減でしょうか。原因がわかりません。
全然納得がいかないので、また近々チャレンジしてみようと思います

ちなみに「バレンタイン」とは、イギリスのローマ帝国時代に存在したキリスト教司祭で、2/14は元々その「バレンタイン司祭」の殉教を讃える日だったそうです。、それから14世紀頃より「愛の守護神」とされ、家族や恋人同士が贈り物やカードを交換するようになったみたいですね。
女性から男性にチョコレートを贈るのは日本だけみたいで各国によって風習(祝い方)は違うみたいです。
  ○日本→主に女性から男性へチョコレートを贈る
  ○欧米→大切な人へ(ケーキ・カードなど)
  ○韓国・台湾→主に男性から女性へ(チョコレート率高い)
面白いのがバレンタイン後。日本と韓国には 3/14「ホワイトデー(おかえし)」があるのはもちろんの事、韓国には 4/14に「ブラックデー」というものもあるらしく、4/14までに何ももらえなかった男性はチャジャン麺を食べるという習慣があるそうです。(…失恋した慰めって事でしょうか?)
ちなみに日本は4/14はオレンジデーという行事(恋人同士オレンジを贈り合って、愛情を確認する)を柑橘類生産農家より提案が出されているそうですが、現在のところ、基本的に受け入れられていないそうです。(関係者以外、存在をしる者は皆無であるという)

以上、インターネット上で調べた豆?知識です。

…なんかムショーにオレンジが食べたくなって来ました。…「オレンジデー」…広まるといいですね。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。