So-net無料ブログ作成

もうひとつのよもやま話 【営業部 K 】 [日々のこと]

こんにちは、営業担当のKです。夏も近づく八十八夜の声を聞いたかと思えば
ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去ってしまい、新型インフルエンザの蔓延が
危惧される今日この頃ですが、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

先日たまたまNHKのBS放送を見ていたのですが、「Band Aid」(1984年)の誕生秘話というより
裏話の番組をやっており、なんとなく興味を持ち見てしまいました。製作は、イギリスの民間放送会社であの”B B C"ではありません。”Band Aid”と言ってもあの”絆創膏”ではありません。
この「Band Aid」について簡単に説明しますと、発端は”ブームタウンラッツ”という当時さほど有名ではなかったイギリス(アイルランド出身)のロックバンドを率いていたボブ・ゲルドフという一人のミュージシャンが、ある日の事たまたま見ていたBBCのテレビニュースの中でエチオピアで飢餓の為何千人もの人々が亡くなっているとのリポート映像を見て非常なショックを受け飢餓で苦しむエチオピア難民を何とか救いたいとの一心で、彼が立ち上がり仲間のミュージシャンに呼びかけチャリティイベントを企画しました。これが「Band Aid」誕生の経緯です。
ボブ・ゲルドフの呼びかけに賛同したイギリスロック、ポップを代表するアーティスト達が
集まりました。主なメンバーとして、フィル・コリンズ(ジェネシス)ボーイ・ジョージ
(カルチャークラブ)、ポール・ヤング、バナナラマ、ジョージ・マイケル(ワム)
デュランデュラン他総勢40名あまりのイギリスポップスター達が参加する一大イベントと
なりました。クリスマス前にシングルレコードを是非とも出したいというこの企画を発案した
ボブ・ゲルドフの強い願いはあったのですが、これだけ多数のミュージシャンを纏め上げ
一枚のレコードを出すには時間との戦いがありました。レコーディングの最中に酔っ払ったまま
参加したアーティストもいたそうですが、混沌のなかにも秩序が保たれていたのか素晴らしい曲が
出来上がりました。通常なら数ヶ月以上もかかるレコード製作をスタッフの熱意と仲間達の
大きな協力の甲斐あって、わずか数週間でシングルレコード”Do They know It's Christmas Time ? "の発売にこぎ付けたのでした。発売前からの話題となっていたこともあり200万枚を超えるセールスを達成し、”Band Aid ”は結果的に大きな成功を収めました。
"Band Aid" がきっかけとなり、アメリカでは”USA for Africa"またその後の”Live Aid"に引き継がれ一連のチャリティプロジェクトの魁となった意義は大きいのではないでしょうか。
一方チャリティの名のもとに多額の義援金が寄せられたわけですが、それを本当に必要としている
エチオピア難民に届いていない実態も判明したことを番組では伝えていました。
またこの企画から20年以上経った現在でもエチオピアでは、未だ多くの人々が飢饉の為亡くなっており状況は以前と比べて殆ど改善されていないとの事で、これが現実かと愕然とさせられました。又同時にチャリティや経済援助だけではどうにもならない限界があるのだと改めて痛感しました。
打上げ花火にも例えられるこの種のチャリティイベントが、即事態を変え貧困、飢餓が一掃される事などあり得ませんが、こうした地道な歩みの積み重ねが世界をより良き方向へと変えてゆく原動力となるに違いありません。
私たちはともすれば日々の営みの繁忙さに紛れ自分のことしか考えが及ばない状況に陥りがちですが、飢餓や貧困に苦しむ人々がこの世界にはまだまだ数多く存在するという現実に対し、世間の耳目を集める手段として音楽という身近にある素材を通して訴えかけるこの種のチャリティイベントは、今後とも意味のある活動ではないかと思います。

毎々くどくど面白みのない与太話をさせて頂き、辟易されている方も多いのではないかと思いますが忍耐してご覧頂きありがとうございます。次回お会いできる機会がもしあるならば、その時はもう少し為になる面白おかしい話のネタを考えておきたいと思っております。ではさようなら。















nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

開発部 Kazu

BandAidってまたなつかしー、私がまだ中学の頃でしたねぇ、バンドのツレはレコード持ってますよ。
そういえばその時期に名だたるヘビメタやハードロックの人達が同じようにBandAidやっていたの知ってますか?
確か、「We are Stars」という曲でしたが、たぶん知らないと思いますが、ロニー・ジェームス・ディオを筆頭に、イングヴェイ・マルムスティーン、ドッケン、アイアン・メイデン、ナイト・レンジャー、クワイエット・ライオットやら、その他もろもろ、何人もの人が入れ替わり立ち代り、激しくギターソロを弾きまくるわ、今では考えられないイケイケメタルバンドが集まりシャウトトーンで合唱しまくるものがありました。
80年代メタルファンの方、必見&必聴です。

by 開発部 Kazu (2009-06-22 00:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。