So-net無料ブログ作成

息子、自転車に乗る 【 システム部 M 】  [休 日]

夏真っ盛りですね。毎日暑いですが、皆様体調はいかがでしょうか?
適度な節電を心がけながら、この夏をなんとか皆で乗り切りましょう。

今年小学2年生になる息子は、今だ自転車に乗ることができません。
過去に何度か練習をしてみたのですが、なかなか乗ることができず、とうとう「オレ、自転車もう乗られへんでいい。」ときっぱり宣言してしまいました。
小学生になると、友人づきあいもあり、「自転車に乗れないと困るよ~」「友達が乗っているのに移動する時どうするの?」とさんざん言ったのですが、「走るから大丈夫!」という何とも頼もしいんだか、情けないんだかな返事が返ってくる始末でした。

ところが、先日突然「やっぱり自転車乗りたい・・・」と言い出し、これは親としては絶対乗れるようにしてやりたい!ということで、いろいろ調べていると、大阪府の堺市の自転車博物館という所で、自転車の乗り方教室をやっている事を知りました。(堺市は自転車産業が有名です。この度の大震災でも、道路が整備されていないうちから、自転車を被災者の方々の交通手段として提供していました。)
案内を見てみると、なんと「1日で自転車に乗れるよう指導します。」と書いてあります。しかもうれしい事に料金も無料。これを利用しない手はない!と早速申し込みました。

そして、順番を待つこと1ヶ月、昨日ようやく行ってきました。
練習は大仙公園(仁徳陵古墳が有名ですね)で、朝から夕方まで。
交通ルールのビデオを30分ほど見た後、まずはハンドルを持って自転車を押すところから始まり、その後ペダルをはずした自転車にまたがり、両足を上げてひたすらバランスをとって進む練習です。この「ペダルをとる」というのがポイントなんですね。ペダルが足にあたらないのでバランスがとりやすくなるので。指導員さんによると、バランスがとれるようになると、もう乗れるようになったも同然だそうです。運動神経のいい子は、数十分ほどでバランスがとれるようになり、自転車にペダルをつけてもらい、こげるようになっていました!ここまでくるとあとはカーブの曲がり方やブレーキの使い方を体にたたきこむのみです。

肝心の息子ですが、さすがこの年まで自転車に乗れなかっただけありました・・・。ほとんどの子がバランスの練習を卒業してペダルを付けている中、最後の方までペダルをつけてもらえませんでした。でもここで、あきらめるかな?と思っていたら、最後の最後に根性を見せてくれました(笑)。終了間際に何とかペダルをつけてもらうと、広場の端から端まで漕ぐことができました。人生初・自転車です。親ばかで恥ずかしいですが、誇らしげな、うれしそうな、とてもいい表情をしていました。
暑い中、何度も何度も自転車を押してくださった指導員さんに感謝・感謝です。(ここまで自宅でしようと思ったら、どれだけかかることか!)教室に来た子は絶対に乗れるようにして帰してあげたい、という思いがひしひし伝わり、とても感激しました。実際、ほとんどすべての子が乗れるようになっていました。

そんなこんなで、なんとか乗れるようになった息子ですが、街中で乗るにはもう少し練習が必要みたいです。涼しくなる頃には初めてのサイクリングに出かけられたらな、なんて思っています。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。