So-net無料ブログ作成
検索選択

キム・ボギョン選手 【 システム部 開発担当 M 】 [イベント]

8月も終わりだというのに、まだまだ暑い日が続いていますね。
あともう少し、この暑さを乗り切れるようにしっかり体調を整えていきたいと思います。
 
 オリンピックではセレッソ大阪の扇原選手・山口選手・杉本選手(7月にレンタル移籍先からセレッソに戻ってきました。)、そしてニュルンベルクへ移籍した清武選手がすばらしい活躍をみせてくれました。サポーターとしてはこれだけのメンバーが同じ舞台に立っているだけで大興奮でした。

 でも実は、もう一人セレッソの選手が3位決定戦の場にいました。韓国代表のキム・ボギョン選手です。オリンピック期間に急遽移籍が決まってしまったので、セレッソの選手「でした」が正解なんですが。
 彼の活躍が、今期低迷しているセレッソを、なんとか今の順位にとどまらせてくれていました。あの3位決定戦でも気迫あふれるプレーで日本を圧倒していましたよね。扇原選手との競り合いとか、試合後の清武選手とのユニホーム交換とか、もうなんとも言えずうれしくて、じーんとしながら観戦していました。

 移籍は以前からあるだろうと言われていたのですが、本当に急にバタバタと決まってしまい、清武選手のラストゲームがボギョン選手にとってもラストゲームになってしまいました。何のセレモニーもなく、このまま移籍してしまうのか・・・と残念に思っていたのですが、オリンピック後ボギョン選手が時間を作って来日して下さり、壮行セレモニーを開催すると発表がありました。これはいかねば!と先日張り切って行ってきました。

 急な発表だったにもかかわらず、狭い練習場にその日集まったサポーターは600人ぐらいだったそうです。皆、気持ちは同じだったと思います。ボギョン選手からサポータに向けての挨拶があり、「これからも心の中にセレッソがあります」と日本語メッセージを頂きました。
 それから銅メダルを披露してくれました。あの場で一緒に戦ったセレッソの選手の事を思うと、持ってくるかどうか迷ったけど、やっぱり応援してくれたサポータには報告したかったと言っていました。私もですが、皆おめでとうと心から拍手していました。

 そして、ボギョン選手の希望で、サプライズの握手会が開催されました。その日の気温、37度。空港に向かう時間がせまっているという状況の中で、グラウンドに下りた600人に1人残さず握手をしてくれ、銅メダルを触らせてくれました。本当に素敵な人柄が表れていますよね。私も直接、「今までありがとうございました、これからも頑張って下さい。」と言う事ができました。ボギョン選手も「ありがとうございます。」と笑顔で返してくれました。
 最後はじゃんけん大会で、スパイクやアクセサリープレゼントがありました。私も息子も残念ながら早々と負けてしまいましたが・・・。そして、全員で記念撮影をしてボギョン選手を胴上げして送り出しました。(回数はもちろん背番号と同じ7回です!)

 高い技術を持った選手ですが、技術だけでなく、怪我を恐れず、勝っている時も負けている時も、最後の1秒まであきらめない全力プレーにいつも心打たれていました。移籍先のカーディフに行ってもきっと活躍すること間違いないでしょう。これからも体に気をつけて、頑張ってほしいなと思います。

前回に引き続き、またサッカーの話題になってしまいました。しかも長文で熱く語ってしまいました。セレッソシリーズ次回に続く・・・!?かもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。