So-net無料ブログ作成
検索選択
時々思うこと ブログトップ

20年後の未来には 【 システム部 開発担当 H.M 】  [時々思うこと]

2006年3月にブログを始めてなんと気が付けば8年が過ぎようとしています。時間の過ぎるのはなんて早いんでしょう。今、とても恐ろしいことに気が付いたのですが、と言うことは8歳も年を取っている!!!(当然ですね・笑)
この8年でどれだけ自分が成長したのかと考えてみると冷や汗が出てきたので、取りあえず考えないようにしておきます。

さて、今流行のSNS。今はFacebookが一番利用者が多いと想像しているのですが、そのFacebook人気にも翳りが出てきたようで、若者はLINEなどに流れ始め、Facebookは中年世代が利用者の中心になりつつあるそうです。
ではなぜ若者がLINEに流れているのかと言うと、不特定多数の人々に情報を発信するよりもよく知った仲間たちでおしゃべり感覚で使う方が良いのだとか。
今はすっかり過疎化が進んでいるmixiですが、かつてmixiが盛んだった頃、mixiとFacebook利用者の対比で面白いコラムがありました。結論としてはmixi利用者は比較的年齢が若く、仲間内で盛り上がる井戸端会議的な使い方をしており、Facebook利用者は比較的年齢層の若いビジネスマンが、新しい情報や新しい仲間を開拓する為のツールとして、ビジネス的に利用すると言ったものでした。
この内容を踏まえると、若者のLINEへ流れている理由もうなづけます。
私もホームページをふたつ、ブログをふたつ、mixi、Twitter、Facebookをしていますが、現在主に利用しているのはFacebookのみ、あとはアカウントを消さずに持っているという程度のものになってしまいました。

私が一番古く利用した通信関係のツールでは、もう大昔になりますがPC-VANでした。
今から考えると、よくあんな不便なものを利用していたものだと思うのですが、あの当時はそれでもすばらしく便利で画期的なツールと思ったものです。
ではこれからの10年、20年後。いったいどんな未来になっているのでしょうね。その未来になったとき、「20年前はFacebookというのがあって。。。」なんて言っているかもしれません。ワクワクしながらその時を待ちたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

インターネット時代 【 システム部 開発担当 H.M 】 [時々思うこと]

今年は例年に比べ梅雨入りが早かったようですね。昼間は暑いものの私が住む地域は夜はまだ気温が下がることもありなかなか衣替え、模様替えをしきれないまま梅雨に突入。
大物の洗濯をするタイミングを逃してしまいました。仕方ない、梅雨明けまで持ち越そう...orz

今回のブログテーマはインターネット。今やインターネット無しでは世の中が回らないくらいのものになりましたが、ほんのまだ数十年前まだはインターネットもメールも無い時代だったんですよね。
私が初めてパソコン通信を使ったのはかれこれ26年前。PC-VANという日本電気運営していたパソコン通信サービスでした。
今では月額固定で使い放題状態ですが、かつては従量課金(使用した時間で課金)だった上、通信速度が今とは比較にならないくらい遅かったので、少し使うだけでもけっこう時間がかかってしまい、翌月の請求金額にドキドキしたものです。
様々な事がネットで処理できてしまう今の時代、平日に動きにくい私はネットバンキングやら各種手続きで活用し、本当に助けられています。
けれどもし何かが起こってインフラがダメになるのは十分あり得る今のご時世。あまりにネットに依存し過ぎた社会も危ういのではと感じもし、なかなか悩ましい問題です。
nice!(0)  コメント(0) 

ウィルス対策をしておられますか? 【 システム部 開発担当 M 】  [時々思うこと]

ようやく少し春めいてきました。
これから少しずつ雨が降るたびに、暖かくなっていきそうですね。
桜もあともう少しでしょうか。

皆様のパソコンにはウィルスソフトは入っていますか?
インターネットやメールを使用している場合、他のパソコンとデータのやりとりをしている場合などは、職場でお使いの物も、ご自宅用も、必ず入れてくださいね。
当社ではお客様からデータをお預かりする場合、必ずウィルスチェックをかけています。(もちろんその逆でデータをお返しする時もです。)その際、たまにウィルスを発見してしまうことがあります。心当たりがなくても、いつの間にか思わぬところで感染してしまうことがあるので、ご注意下さい。それからウィンドウズアップデートシステムセキュリティを最新の状態に更新する機能)はこまめにして下さいね。

少しの手間で、危険が回避できる場合があるので、ぜひ今一度ご使用のパソコンをチェックして頂きたいなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

今回はただの愚痴です…【サポート営業部 eY】 [時々思うこと]

10月に入って過ごし易い気温になりました。
衣替えの季節ですが皆様、冬の準備はできてますでしょうか。
…って、絶対まだ無理ですよね。
やっぱり今年は暑いです。

話は変わりますが、私が最近ハマっている事。
フィギュアスケートの浅田真央選手(の演技を観る事)です。
休みの日や仕事から帰ってきて暇があればYOUTUBEや、ニコニコ動画を観てます。
(観過ぎて家族に馬鹿にされる位です。笑)
とても飽きない、見れば見るほど色んな発見ができて、まさに生きた芸術です。
マスコミがよく言うように、
浅田選手
=ジャンプ、
子供っぽい、
=表現力がない
のイメージが強い選手ですが、2009年の4大陸選手権を観て、
FSプログラム『鐘』に出会い衝撃を受け、過去にさかのぼって全てのプログラムを観て思った事。
間違えても、「表現力がない」と言えません。
「トリプルアクセル」だけでもない。
観ててわかりますが、音のとり方といい、柔軟性といい、
ジャンプ以外の何をとっても群を抜いて素晴らしいんです。
動画で他国の実況を日本語に訳されていますが、
海外からもかなり絶賛されている選手で、
「表現力がない」と言っているのはなぜか日本位です。
なぜ自国の頑張っている選手に対し、そんな事をいうのかわかりません。
真央選手だけではなく、他の日本の選手に対してもです。
このプログラムをしっかりと見なければ私もそういうイメージで彼女を思っていたでしょう。
一体どこの国に報道しているのか。

熱く語ってしまいましたが、何が言いたいかというと、
最近(以前からかもしれませんが)のメディアは絶対おかしい!
偏向報道が多すぎるような気がします。
前にもこのブログに書きましたが、
フィギュアスケートといい、
口蹄疫といい、
普天間問題といい、
今回の沖縄の件といい、
大まかな事だけ垂れ流しのように報道し、後はどうでも良い情報が多すぎます。
必要であろう情報を報道しない事もあったり。
コメンテーターや専門家の意見も全然物事の核心をついてこないですし、
誘導しているようにも感じます。
それなら聞かない方がマシです。
現状を詳しく調べるとすれば今の所、インターネットで検索するしかないみたいです。
今じゃ新聞にある内容は全てネットで観覧できますし。
それ以上に深く状況を知る事もできます。
最近の様々な出来事に対し、
何故こうなった?何故今の時期に?
疑問に思った事は自主的に検索をしないと日本の現状を把握する事すらできない。
祖母が昔言ってたセリフ「テレビばっかり観たら馬鹿になるよ!」で怒られていた事を思い出し、
今その言葉をようやく理解できたような気がします。

昨日、フィギュアスケート・ジャパン・オープンがさいたまスーパーアリーナにて行われました。
真央選手は本調子でなく、ジャンプを立て続けに失敗。
過去最低と言わざるおえない点数でした。
でも知っている人々は最初から失敗をわかっていました。
ソチオリンピックに向けてジャンプを1から見直しに入ってるからです。
それなのに、彼女はプログラムに飛べないジャンプ含めて6種類全ての3ジャンプを取り入れます。
それも難しい事なんです。挑戦です。
はぁ、これをどう報道するか怖いです…。
練習を怠っているとか言われた日にゃ………
日本の宝なんですから、もっと大事にして下さいよ!

とまぁ、届くはずがない相手に怒りをぶつけてしまいました。
しかし、何でもそうですが、まず「知る事」って大事なんですね。
まずは知らないとその情報が正しいか正しくないかもわからないですし。
最後は自分で判断する事なんだなとつくづく感じてしまいました。
以上です。
一フィギュアファンのだらだらと垂れ流しのような愚痴を聞いてくださってありがとうございました(/_;)

よし!一度は生で真央選手の演技を観たいので、
今度頑張ってチケットを手に入れたいと思います!お~!


nice!(0)  コメント(0) 

BaseBall 【T.E】 [時々思うこと]

プロ野球 阪神は残念ながら、4位で終わりました。
4位の次年度、監督就任2年目は優勝です。(阪神タイガース年度別成績より)
城島捕手をマリナーズから獲得、投手王国になるのか。城島が打撃で応えるのか
来年に期待です。
CS(クリマックスシリーズ)も順当に終わり、日本シリーズも正念場です。
来年は阪神が優勝しますが、日本シリーズに出れるか心配です。

阪神タイガース 年度別成績(左から年度,監督,順位,勝敗)
2002 星野 仙一 4位 66勝70敗4分
2003 星野 仙一 優勝 87勝51敗2分
2004 岡田 彰布 4位 66勝70敗2分
2005 岡田 彰布 優勝 87勝54敗5分
2006 岡田 彰布 2位 84勝58敗4分
2007 岡田 彰布 3位 74勝66敗4分
2008 岡田 彰布 2位 82勝59敗3分
2009 真弓 明信 4位 67勝73敗4分

MLBメジャーリーグベースボール)では、ニューヨークヤンキース
松井秀喜のMVPになる活躍もあり、9年ぶりにワールドシリーズを制覇しました。
喜ばしい限りです。

今回は野球ネタだけで失礼します。

nice!(0)  コメント(0) 

今年は涼しい【サポート営業部 eY】 [時々思うこと]

秋です。
朝・夜は涼しくて快適な季節になりました。
今年は日照りが少なく、長雨が多かったせいか、野菜の値段が上がってますね~。
給食も大変でしょう。頭抱えて献立を立てていたあの頃を思い出しました。
私もたまに昼のお弁当作りの為にスーパーに行くのですが、たまねぎが~きゃべつが~なすが~高いなぁ。他!
といつもどおりの値段で買い物を済ませようとすると、かなり質素な内容になってしまいます。笑

その中、先日ニュースで「スーパーの野菜詰め放題」がされていました。
一人ひとつ袋を渡され、人参・じゃがいも・玉ねぎなどを詰めるだけ詰める。
ベテラン主婦の方よりテレビでコツを伝授していただきました。

まず渡された袋を破れない程度に伸びるだけ伸ばしたら、人参をまず縦に入るだけきちきちに詰め、土台を作ります。そこにじゃがいも、玉ねぎを詰めるだけ詰め込みます。その後、また人参を隙間に円を描くように縦に詰め、その人参が柱となりまた中にじゃがいも・玉ねぎを詰める。その繰り返しだそうです。

最後は渡された袋の2倍以上になり、高層野菜タワーみたいになっていました。
値段で言うと、定価の7倍位になるそうです。すごい~!!
母と車を走らせて行こうかと思いましたが、ただこれだけの量をどうやって保存するのだろう…
むむむ。と断念しました。
母は、毎日カレーかシチューか肉じゃが!と言って諦めてはいないようです。

しかし、主婦パワーは半端なくすごいです。男の人は絶対このようにはいかないなぁ。と思うと、女性って何とたくましい生き物だろうと同じ女性としてですが、関心&尊敬します。

そのニュースを見ながら、なぜか前の職場のお世話になった調理員の先輩方を思い出し、元気にしてるかな~久しぶりにお土産(硬いおかき以外の物。)を持って遊びにでも行こうかなと懐かしく思いました☆

nice!(0)  コメント(0) 

花畑牧場 【 システム開発部 K.Y】 [時々思うこと]

100年に1度の経済危機と言われる状況の中、それでもすごい業績をあげている会社が
あるようです。任天堂(DSやWillの売り上げが相変わらず好調だとか。)やオリエンタル
ランド(ディズニーランドですよね)がニュースでよく取り上げられていますが、生キャラメルで
有名になった田中義剛さんの花畑牧場もその一つだと思います。

新千歳空港では今はやりの(話題の)花畑牧場の生キャラメルを買うために、ほぼ毎回長蛇の列
だそうで,5時からの販売に、4時頃から100人程度列をなしているとのこと。
また各百貨店での北海道物産展でも開店前から人が並び、手に入れるまでに数時間は
かかるとか。基本的にそういうことに待つ・並ぶことが嫌いな私にとっては考えられないことです。

ところで、並ばずに手に入れる方法があるのをご存知ですか!
正統派は、帯広の工場まで行って購入するか、札幌の直営店で購入するか、というところらしい
ですが、新千歳空港の1Fにある花畑牧場直営レストランで3個まで買えるようです。
ただ、これには裏がありまして、その直営レストランで、1000円前後のいくつかの決まったメニュー
の中から一つを注文した人にだけ生キャラメル3個を買える権利がついてくるというものらしいです。
(これって、独禁法とかには引っかからないの??っていう気もしますが... )
さすがにこれを聞いて「やりすぎ」と思いましたが、それでも並ぶ時間がなかったり・私のように並ぶ
のが嫌な人がなにがなんでもゲットしたい場合は、背に腹は変えられず、食べたくもないランチか
何かを食べてでもゲットしているようです。

私は母が物産展でゲットしたものを(もちろん3時間並んで)もらって、一度食べたことがあるのですが
正直値段・味を考えるとなぜそんなにしてまで?????と不思議でたまりません。

なかなか手に入れれない希少価値や話題性がそうさせているのだと思うのですが、はやりということ
は、すごいことだなと感じさせられた話題でした。


nice!(1)  コメント(0) 

我が心のエバーグリーン 【 システム部 開発担当 HM 】 [時々思うこと]

祖母の命日で田舎にお墓参りに行ってきました。
私の田舎はかつて地名に「字」がついた山間の村で、今ではすっかり過疎化してしまい老人ばかりが住む地域になっています。
80歳半ばを越える叔父と叔母がふたりで住むその家は私の祖父が若い頃に建てたもので、築100年を越える古い農家です。
私がまだ中学生になる頃までは薪でお湯を沸かす五右衛門風呂でした。そして台所は土間になっており真ん中には竈が据えられ、日常で当たり前のようにガスコンロと竈で食事の支度がされていました。
また、萱葺き屋根の次の葺き替えに備え萱を保存しておく屋根裏部屋や、大きな扉の天井まである水屋や、隠し部屋のような2階のある倉といった、町で育った私には珍しいものばかりがある、何度行っても何度探検しても飽きることのない大好きな家でした。

その大好きだった田舎の家も祖父や祖母が亡くなり代替わりをしてから住みやすい現代風な家に改築され、すっかり昔の面影を失くしつつあります。
しかしながらまだ田舎独特の風習はかろうじて残っています。葬儀はその地域独特の風習で行われ、埋葬はまだ土葬です。そのため、お墓まいりというのは文字通りお寺の敷地内にあるお墓と、段々畑のように山の斜面になった場所に埋葬された祖父と祖母が眠る場所の計3箇所にお参りします。
お盆の行事も昔ながらの風習が守られており、コロコロと呼ばれるお団子と松明を作り、迎え火と送り火でご先祖様の霊をお迎えします。
味噌こんにゃくは今でも自家製で、冬の時期になると今では庭に据えられた竈で大量のこんにゃく芋を蒸し、こんにゃく作りを手伝います。
そんな風習もいつかは廃れていくのだと思うと、色々と今のうちに教えてもらわないといけないとあせる反面、それを教えてもらっても作れる環境でいられるのかと考えると、それはなかなか難しい。
これは私の田舎の家に限らず、今の日本中どこでも多分同じような事が起こっているのでしょう。

今の日本では昔のままの生活を維持していくには環境があまりにも大きく変わりすぎました。「便利」というコンセプトで作られた、恐ろしく魅力的かつ快適な様々なものが昔ながらのスローな生活をどんどん駆逐してしまいました。
古い家が失われていく感傷も傍観者であるからこそ持ち得るもので、そこで生活をする立場では冷たくて寒い土間や薪で沸かす五右衛門風呂などより、綺麗なシステムキッチンスイッチを押すだけですぐに沸く便利なお風呂を望むのは当然の事でしょうし、私自身がそんな昔ながらの家で実際に暮らすとなると、所詮都会(と言えるほど都会では全然ないのですが)で育った私などすぐに根をあげてしまうでしょう。
それを十分承知でありながら、色褪せない記憶のままのいつまでも懐かしい田舎であって欲しいと思う気持ちが拭えないのは、昔を懐かしむ年齢になってしまったということなのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

栄養士さんの仕事を垣間見る 【 システム部 PG担当 M 】  [時々思うこと]

先日、思いがけず入院生活を送ることになってしまいました。短い期間でしたが、健康だけがとりえの私にとってはめったにない体験。不安でいっぱいの中、多くの方々にお世話になりながら無事退院することができました。
その時に、普段は仕事でダイエットプロを通してでしか接することのない栄養士さんと直接お話する機会がありました。入院の翌日にわざわざ病室まで来て下さり、「○○さんのお食事は△△食で、一日の摂取カロリーは××です。これこれこういう目的で栄養を摂取していきいます。」といった説明をして下さったのです。他にも食事で食べられないものはないか、苦手なものはないかなどの細かい聞き取りや、普段の食生活での豆知識などいろいろとお話して下さいました。
中でも驚いたのは入院中の食事の内容で、単なる好き・嫌いで牛乳をジュースに、パンをごはんに変えたりしても「大丈夫ですよ~。」とのこと。また「どうしてもカレーが受け付けない場合はシチューに変更したりというのもできますよ。」とのことでした。(実際にそうしてもらっている方もいらっしゃるそうです。)ただでさえ多くの人数の食事を管理するのも大変なのに、ここまで細かい対応・・・本当にありがたいなと思いました。他には温かいものは温かく・冷たいものは冷たい状態ででてきたり、週に数回おやつがついていたりというのも、ちょっとうれしかったです。
入院中は食事の楽しみが大きなウェイトをしめるといいますが、本当にその通りで同室になった患者さんと「これはおいしかったね~。」とか「コレハ・・・ナンダロウネ・・・。」とかいいながらも楽しく過ごすことができました。同時にここ数年で栄養士さんの仕事が多様化しているというのを、垣間見、実感した数日間でした。本当に大変な仕事だとは思いますが、これからも多くの方々の健康と食生活のためにがんばっていただきたいと思います。わたしもソフトを通して微力ですがサポートさせて頂き、陰ながら応援していきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

人の成長 【導入支援担当A】 [時々思うこと]

暑い暑~い夏がやっと終わるかなと思っていたらもう9月です。
今年もあと3ヶ月弱で終わります。時間のたつのは本当に早いものです。
実は、去年から今年にかけて親しい友人が妊娠出産を経験しておりまして、住んでいるところが近いこともありよく遊びに行っておりました。
赤ちゃんの成長は本当に早く、この前までは軟体動物のように体がぐにゃぐにゃだったのがハイハイするようになり、次は歩くようになっており、1歳を過ぎたあたりからは私の言っていることを理解しているような感じで行動するようになっておりました。
まだ単語が連なった会話をすることはできないので何を考えているんかはあんまり分からないのですが、人間って1年でこんなにも出来る事を増やせるもんなんだなあと感心させられっぱなしです。
そして自分がこの1年どれだけ成長したのかな~と振り返ると・・・あんまり成長してないな、と反省してしまいました。
やっぱり意識して色々なことを吸収していくこと!本当にこれが大事だと思います。
とりあえず、彼女たちには私を“おばさん”ではなく“おねえさん”と呼ばせるために一生懸命頑張っている今日この頃です。

nice!(0)  コメント(0) 

中高年の要望【営業部 SC】 [時々思うこと]

 日本列島が長いと感じる季節感のひとつが桜前線、そろそろ北海道に届きそうですが
皆さんのお近くは今どの様な桜を楽しまれていますか。
会社の周りは白・ピンクのハナミズキ、家の周りは八重桜が咲き誇っています。
来週からはいよいよ連休が始まります、旅行のプランを立てられている方も多いでしょう。

無理やりですが、旅行と言えば
先日新聞に“中高年の要望”のような事が載っていました。
私もその内のひとりとして確かにと感じましたのでご紹介したいと思います。

旅先の旅館の料金が食泊分離になっていないのは困る。
老人は食べる量が少ないから、二の膳(ぜん)なんかいらない。
夕食は近所の郷土料理屋なんかで、1、2品とれば済むようにしてもらえないか。

 結婚式の披露宴なんかで、20歳の若者と同じ量のごちそうが出てくるのもひどい。
最後に出るビフテキなんか、並み居る老人は手をつけない。せめて老人の皿には、
ビフテキを半分にできないか。

 昼食を食べに行くレストランも、客は若者だけと心得ているようだ。
おいしそうだ、取ろうかなーと思っても、残しそうだから注文をやめたという老人と、
太りすぎてはいけないから、この店やめたーという女性のいることに、店主たちは
気がついていないらしい。
せめてご飯は大中小の3通りにして、できれば料金にも差をつけてもらいたい。

 年をとったし、せめて温泉にゆっくりつかりたいという老人が多いというのに、旅行会社で
「温泉のいいところは?」「温泉のいい旅館は?」「温泉の何がセールスポイント?」と聞いても、
ろくな返事が返ってこない。
格や料金は後回しにして、まず温泉に入るのを楽しみにしている老人は、
行く先の選定に困っている。

 温泉地にも責任がある。団体客相手の改装のタイミングを間違え、個人客相手に
再度の模様替えをしているようだが、その個人、特に老人が何を求めて来宿するのか、
経営者は何も分かっていないし、何の努力もしていないのではないか。

 以上が人口の何割かを占め、来店客と来宿客の半分近くになる老人の訴えだと
理解してもらいたい。

毎日新聞 2008年4月4日

これを読んだ後に、昼食を食べに行くお店のお弁当を弊社“DirtPro”で栄養計算をしたところ
1食約750kcal、私がこれを完食したら夜になっても空腹感がないボリュームになります。

 人のお腹は千差万別です、女性はボリュームであったり、中高年は特定保健検診が始まり
摂取カロリーを気にせざるをえない方も増えています。
 でも全てが記事の様でもありません。
先日テレビで紹介していましたが、有馬温泉では温泉を楽しむ素泊まりプランがあり、
ゆっくり温泉を楽しみ旅館でなく飲食店で食事をし、色々な有馬を味わうプランがありました。
昼食を食べに行く所で男女でお茶碗の大きさを変えているお店もあります。
料金は残念ながら同じですが。

 自分にあった余暇の楽しみ方、自分にあった食事、折角の料理を残すことは「もったいない」
気持ちが合い混じり“中高年の要望”が出てきたのでは。皆さんはどうお考えでしょう。

 今、私はお腹いっぱいの料理より、温泉をゆっくり楽しめる湯治にでも行きたい気分です、では。


nice!(0)  コメント(0) 

長いご縁 【営業部 SC】 [時々思うこと]

朝夕しのぎよい季節になりましたが、皆様猛暑の疲れが出てこられていませんか?

さて今回は私が栄養士の仕事を始めた頃からお世話になっている大先輩と
それにまつわるお話をさせていただきます。

随分昔になりますが、その方と知り合うきっかけは私が病院勤務をていた時、保健所から
給食業務に携わる事業所へ勉強会のお知らせがありました。
栄養士はひとりでしたから外出も難しい状態でしたが、事務長の進めもあり参加しますと
管内の病院栄養士も多く参加されていました。
回数を追うごとにお話できる方も増えてゆき、お世話になった大先輩とも親しくさせて
頂く様になりますた。
職場も偶然5分位の距離で、給食業務だけでなく仕入業者さんの紹介や仕入値の
交渉まで、ありとあらゆる事を快く教えて頂き、相談にものって下さいました。
今でもこの大先輩ともうひとり小先輩ふたりがいなければ栄養士業務を円滑に
できなかった気がします。
その大先輩お年はすでに70歳を越えられていましたが、今尚現役でお仕事頑張られていました。
私がこの仕事に転職してからも、ご縁は続いていました。

お元気で本当に明るく面倒見も良く皆さんに慕われていた方が、7月に手術され手術は
成功しましたが後に脳梗塞を起し先月帰らぬ方となってしまいました。
私は偶然にも入院される前日に病院へお邪魔した際、他の方とのお約束だったのですが
受付で会うことができ、お話する機会があったのですが・・・。
1年に1回お会いできるか2ヶ月1回お電話でお話できるかでしたが、20年以上お付き合い頂き
お礼を言うこともできないままになってしまいました。

“DietPro”のユーザー様へお邪魔しますと、学校卒業後すぐひとりで栄養課を任されお仕事
されている方々もおられます。きっと色々な事が毎日起きてお話を聞いてほしい、
どなたかに相談できればと、そんな時お友達も頼もしいですが他所で働いている先輩方も
すばらしい方がいらっしゃいます。
どの様なお仕事でもひとりで任されている方、私のように外に出て他の方々と
お知り合いになってみられてはいかがでしょうか。
きっと良い事があると思います。

ありがたい事に今の仕事も多くの方にお目にかかる機会があります。
どこかでお会いできたときはよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 

そういえば、アレあったよな。【システム部 開発担当 Kazu】 [時々思うこと]

窓を開けたまま寝ると風邪をひきそうになる秋の夜、皆さんどうお過ごしでしょうか、
一昨日の晩は、本気で風邪をひきそうになりました。
はじめまして、9月入社(中途採用)したての開発員のKazuと申します。

夜も深まり寝床につくまえに、なぜかしら唐突に「アレあったよなぁ」と思い立ち、むかし聴いていた音楽なんか聴きたくなることありません?

私は趣味でギターをやってますが、ギターを覚えたての頃によく練習してた曲やら引越しの都度なぜか捨てていないカセットテープに入っている曲、レコードでしか存在していない曲などが無性に聴きたくなるときがあります。また季節によって妙に聴きたくなるものもあります。
でも、今のご時世、レコードはもとよりカセットテープすら再生するオーディオ機器ってあまりないんですよね。
持っていたプレーヤーは、もうとっくの昔に壊れてしまい、今はCD、MDのステレオしかない、そんな時「いやCDで買ったかな?」と考えてみると、余計に聴きたくなる、そしてゴソゴソと探し出す...CDで持っていたはずと思いきや、やっぱりカセットテープだったりして...しかもクロームなんて書いてあったりして。(メタルテープなんてのもあったなぁ、なつかしー)
カセットプレーヤーはもう持って無いのにねぇ、とため息つきながら、あさったCDをながめているうちに、「お、こんなとこに!」とかなんとか言いつつ目的と違うCDを手に取り、ヘッドホン装着。
昔よく聴いたヘビメタをガンガンに聴いてみる。
そう、昔よく練習していたのはヘビメタなギターだったのです。ハイ。(^ ^;)
80sハードロックやヘビメタは、はっきりいって燃えます、すると、はっきりいって眠れなくなります。
身をエグるようなギターリフ、不安定なのか正確なのか怪しげだが疾走しまくるベース&ドラムのリズム、時々わけのわからないハイトーンシャウトをするヴォーカル、うーむ!やはりメタルは熱い!!
とか逝っているうちに、「そういえば、アレもあったよな」と全然違うジャンルの、思い出深いバラードなんかを聴いて浸ってみたりして。

なんやかんやしているうちに、朝がくる...そんな翌日の、仕事は辛い。


nice!(0)  コメント(0) 
時々思うこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。